OPEN HOUSE ARENA OTAAPRIL 2023 TIP OFF

オプアリ、オープンハウス・アリーナ・オオタ

SMALL ARENA, BIG VISION

THE FIRST
4 GAMES

2023
4.22SAT
4.23SUN
vs
2023
4.29SAT
4.30SUN
vs
ticket

SMALL ARENA BIG VISION

日本中で、バスケットボールの
新しいアリーナの建設が進んでいます。
その多くは、人口50万人以上の
政令指定都市にできる、
収容人数1万人以上の大きなアリーナ。
群馬県太田市に完成するアリーナは、
収容人数5,000人。
人口約22万人の太田市にあった、
”ちょうど良い”サイズです。
しかし、それだけでは、つまらない。
そのコンパクトな空間の中に、入り切らないほどの
世界最高峰の設備を詰め込みました。
どこの席にいても逃げ場がないほどの
迫力が襲ってきます。
今の日本で最も臨場感のあるバスケットボール観戦
ができる空間を作りました。
2023年4月、
このアリーナに訪れた多くの人が思うでしょう。
「こういうアリーナを待っていた」と。
群馬県太田市のコンパクトなアリーナから
日本全国へ、
大きな”ビジョン”の提案です。

VISION

合計14面のビジョンが組み合わさった、
国内アリーナ最大の総面積6,100インチのセンタービジョン。
さらに、それぞれのビジョンを
独立して動かすことができる日本初の可動式。
これまで見てきたビジョンとは別次元の演出効果を発揮します。

SOUND SYSTEM

世界最高峰と評される、
フランスのエルアコースティックス社のサウンドシステムを
国内のバスケットボールのアリーナとしては初導入。
天井に50機のスピーカーと24機のサブウーハーを設置し、
どこの席にいても臨場感溢れるサウンドを体感できます。

世界最高峰と評される、
フランスのエルアコースティックス社のサウンドシステムを
国内のバスケットボールのアリーナとしては初導入。
天井に50機のスピーカーと24機のサブウーハーを設置し、
どこの席にいても臨場感溢れるサウンドを体感できます。

Lighting

暗闇の中でコートだけが浮かび上がって見える、
まるで劇場のような空間。
バスケットボールの試合開催時に使用する照明と、
それ以外のスポーツをする時の照明、
合計84台の照明を設置することで実現しました。

暗闇の中でコートだけが浮かび上がって見える、
まるで劇場のような空間。
バスケットボールの試合開催時に使用する照明と、
それ以外のスポーツをする時の照明、
合計84台の照明を設置することで実現しました。

COURT

2m

「どこのアリーナもコートと座席の距離は近いでしょ?」
たしかにその通り。
でも、バスケのルールやコートの形が
これから変化していかない限り、
もうこれ以上、近づけるのは無理、
それくらい限界まで近づけました。

ARENA SPEC

VIPルーム/ラウンジ
日本で最も臨場感と興奮を味わえるアリーナの中に、さらに極上の非日常体験ができるVIPルームを6部屋55席用意しました。専用のエントランス、ラウンジ、駐車場も完備しています。
エントランス/コンコース
外光を取り込んだ明るく開放的なエントランスやコンコースで皆さんをお迎えします。サンダーズの試合開催時にはアリーナグルメが楽しめるフードコーナーや、応援に欠かせないグッズショップが並びます。
一般利用
これまでの市民体育館と同様、イベントが開催されない日は一般の利用ももちろん可能です。市民スポーツ施設として、これからも市民の皆さんの健康づくりや、スポーツ活動に貢献していきます。
トイレ
これまでの市民体育館でのサンダーズの試合開催時と比較すると約4倍となる、合計158のトイレを設置。臨場感や興奮の追求だけではなく、快適に観戦できる環境づくりにも努めています。
アリーナ周辺
アリーナ周辺の中央通路や中央広場の改修整備も進めます。これまでよりもさらにグレードアップしたマルシェの開催や、野外ステージでの音楽イベントの開催、3×3のコート設置など、公園一体となった賑わいの場をつくり出します。
提供:Azusa Sekkei Co., Ltd.
設計図をもとに作成したイメージです。今後、諸官庁協議、施工調整等で変更が生じる可能性があります。

SMALL QUALITY ARENA PLAN

CONCEPT 01
最大の特徴は、民間、行政、スポーツが三位一体となって作り出した、まったく新しいコンセプトの地域共創型のアリーナであるということ。財源に民間企業による企業版ふるさと納税を活用し、人口22万人の太田市に最適な規模のサステナブルなアリーナを実現しました。アリーナを使った地域共創に取り組む全国各地に、太田市から新しいカタチを提案していきます
CONCEPT 02
アリーナの魅力や期待値はサイズだけでは測れない--もう一つの大きな特徴は、コンパクトな空間の中に世界トップクラスのバスケットボール観戦体験ができる環境を作ったこと。これからも、コンパクトな空間を活かした質の高いエンターテイメントやサービスを提案していきます
CONCEPT 03
この新しいアリーナの価値は、素晴らしいバスケットボール観戦体験を提供することだけではありません。試合開催日は周辺の運動公園も活用したマルシェや音楽イベントを開催し、試合が開催されない日は地域の人たちがさまざまなスポーツを通じて笑顔になる憩いの場になります。街の新たなシンボルとして、世代を超えて集う場所を目指します。

FUTURE

2023年4月にOPEN HOUSE ARENA OTAはオープンしますが、
アリーナとその周りの運動公園の進化は続いていきます。
SMALL QUALITY ARENA PLANは、いま始まったばかりです

CONCEPT MOVIE

コンパクトな空間の中に、日本最高峰のバスケ観戦環境を作りだした、これまでにない新しいコンセプトの地域共創型アリーナ。そのコンセプトや魅力を総勢30名の出演者たちと紹介します。群馬出身の"あの人"もアリーナ誕生を記念して特別出演しています!

ONE

前人未到-この2年間、
誰も成し遂げていない速さで
走り続けてきた。

このメンバーで、一つの文化を作る。
このメンバーで、一つの目標に向かって走る。
このメンバーで、一つのチームを作り上げる。
それができれば、新たな“前人未到”に近づく。
そう信じている。

2023年4月、満員の観客席、興奮に包まれるコート。
この場所で群馬クレインサンダーズと群馬は一つになる。

PLAYER'S VOICE

#4 SF

トレイ・ジョーンズ

いまとても興奮している。バスケットボール選手であれば、誰もが素晴らしいアリーナでプレーしたいと願うもの。それが叶おうとしている。私はチームがまだB2に所属していた頃からプレーしているが、チームが数々の記録を塗り替えながらステップアップして、こうして素晴らしいホームコートに辿り着けたことを誇りに思う。2023年4月のオープンに向けて、最高のモチベーションの中で今シーズンをプレーしていきたい。

#7 PG

五十嵐 圭

今年でキャリア20年目を迎えますが、こうして新しい節目に立ち会えること、そして大きな挑戦ができることに感謝しています。これまでたくさんのコートに立って、そこからたくさんの素晴らしい光景を見て来ましたが、2023年の4月に新しいホームコートに立った時に、そこからどんな景色が見えるのか、皆さんのどんな表情が見えるのか、そして自分の胸の中にどんな感情が広がるのか、今から楽しみです。

#8 PF

八村阿蓮

NBAの試合を現地で観た時に、アリーナに来ているお客さんたちが本当に楽しそうに試合を観戦している姿が強く印象に残っています。選手たちのプレーだけではなく、演出もそうだし、音響もそうだし、みんなが楽しめるようなエンターテイメントとしての工夫がいろんなところにされていました。新しいアリーナができることでそういう雰囲気の中で自分もプレーできるということに、今からワクワクしています。

#16 PG

並里 成

バスケットボールを通じて、地元・群馬や太田の皆さんと一緒になって街を盛り上げていく、子どもたちに夢を与える、このプロジェクトに共感したからこそ自分は群馬でプレーすることを決断しました。新しいアリーナで自分が一番楽しみにしていることは、会場の雰囲気。もちろん、いろんな豪華な設備も楽しみですが、お客さんが入って試合が行われる時の空気感がどんな感じになるのか、それが今から楽しみです。

ACCESS

太田市運動公園 
〒373-0817 群馬県太田市飯塚町1059-1

東京方面から
東京方面 → 館林IC・太田桐生IC → オープンハウス・アリーナ・オオタ |約2時間
電車
東京駅 → 北千住駅 (東武特急りょうもう・東武伊勢崎線) → 太田駅 → オープンハウス・アリーナ・オオタ|約2時間
宇都宮方面から
宇都宮方面 → 館林IC・太田桐生IC → オープンハウス・アリーナ・オオタ |約1時間半
電車
宇都宮駅(JR湘南新宿ライン・JR宇都宮線) → 久喜駅 (東武特急りょうもう・東武伊勢崎線) → 太田駅 → オープンハウス・アリーナ・オオタ|約2時間
熊谷方面から
バス
熊谷駅南口(Ota-Cityシャトル) → BUSターミナルおおた → 徒歩20分 → オープンハウス・アリーナ・オオタ |約1時間
太田駅から
バス
太田駅南口(あおぞら) → 運動公園野球場 → 徒歩5分 → オープンハウス・アリーナ・オオタ |約25分
電車
太田駅(東武小泉線) → 竜舞駅 → 徒歩20分 → オープンハウス・アリーナ・オオタ |約30分
  • ※土日祝はバスの本数が少ない運行となります。ダイヤをご確認の上、ご利用ください。
  • ※交通状況により、所要時間に変動の可能性がございます。お時間に余裕を持ってご利用ください。
Copyright OPEN HOUSE ARENA OTA All rights reserved.
01